「ぷれろま!」だとさらにね。


DSのためのRPGというわりには、写メ大活躍な局面がとても多い気がしますよ。これは電車座席だとなかなかプレイ困難なゲームといえよう。マップへの書き込みはできるとよかったかなー……
posted by umimoto_hiroki at 02:17 | TrackBack(0) | 日記

セブンスドラゴンやってます。うちのギルド『人と、独りの地』はヒーラーくん総受のモテモテワールド。彼は鬱姫に手を出してしまい、それ以来調教マスタリーでいいように操り人形とされています。羨ましくはないな。
posted by umimoto_hiroki at 09:23 | TrackBack(0) | 日記
2009/03/06 呼び捨て このエントリーを含むはてなブックマーク
posted by umimoto_hiroki at 14:51 | TrackBack(0) | 日記


▲定価3,800円の写真集も200円で売っちゃうブックオフさんだ。



▲どどーん!!



▲霊廟だ! にゃーん!!


posted by umimoto_hiroki at 00:04 | TrackBack(0) | 日記

秋葉原制作所の看板。町の中心部からけっこう離れていて、この時間だとちょっと怖い場所。

pixivフェスタの帰り際、2/28に開店したばかりのレンタルブース「秋葉原制作所」を訪問しました。Nゲージ居酒屋、モンハンのリアルロビー、RPG風味ギャル雀など、斬新かつ謎な業態の店舗を展開するライトクリエート社が手がけた「同人作家のための創作スペース」です。


店内の様子。ストイックかつソリッド。

入店前は、同人作家の溜まり場・しゃべり場だったら――(あまりよくない意味での)漫研的な店舗作りだったら、どうしよう? という懸念がありました。しかし、少なくとも現時点では、それは杞憂だったようです。店内には余計なものが一切ありません。逃避先としてのテレビも漫画も、あのいまいましいテレビゲームという魔物も。ファミレスのような雑音もありません。原稿やネームの作業へ、純粋に没頭できるようになっています。


でもいずれ騒がしくなっちゃうのかな。

時間制サービス業は、日常から何かを「削る」ことと、その隙間へ何かを「足す」ことの両輪で成り立っています。この店は、前者に関しては合格点だと感じました。では後者は―― 付加価値、の部分はどうでしょうか。


CPUはCore2Duo E7400。メモリは2GB。

率直に感想を述べるなら、描く人間の視点が伴っていない、といえばいいでしょうか。 例えば販売されている画材。シャープの替芯はありますが、シャープペンや鉛筆は扱われていません。例えば、PCにインストールされているソフト。Photoshop・コミスタ・SAIはありますが、Illustrator・InDesign・Wordなどは入っていません。Intuos3はPCの台数分あるわけではなく、運が悪いとA6のFAVOになります(笑)


僕はデジタルでしかペン入れしないから、これが高いか安いかはわからん。ここには載ってませんがトレス台は無料で借りられます。

個人的にもっとも期待していた「各種資料・書類」は…… 「ファンタジーの世界を描く」などの本が6冊…… 「個人では揃えにくい」って豪語するぐらいだし、少なくとも棚1つ分ぐらいの背景資料・ポーズ集・画集が揃えてあるもんかと…… いや、これは僕の妄想だったんだ、忘れようか。


もう少し頑張れ。

良い所も挙げますと、コピー本の制作・製本環境としては抜群だといえます。1枚あたりの出力料金は、キンコーズのだいたい半額程度でしょうか。両面コピーもできます。

この店は現在、βテスト期間、なのだと思うのです。 公式サイトの「最新情報ヘッドライン」を見ると、試行錯誤の真っ最中であることが伺えます。最初は粗削りでも、良い店になっていってほしい。誰も手をつけなかったニッチ店舗がポコポコ生まれて消えていくのが秋葉ですが、この業態はできれば成功してほしいんですよ。

なお、上で書いたことは、全てアンケート用紙に記入し、お店の方に伝えました。


▲晩御飯はココイチのグランドマザーカレー。うん! 相変わらずまずい!

(09/03/03 13:45)rough note.様の詳細なレポートも、ぜひ併せてご覧下さい。
posted by umimoto_hiroki at 17:09 | TrackBack(0) | 日記

寿がきや「辛辛魚らーめん」に、ゆでたネギモヤシと、缶詰のコーンをトッピング。
これ、有名店タイアップモノであるにもかかわらず、激辛カップめんの到達点だと思います。
中本のカップ麺は超激マズで(こんなのに中本の名を冠するなよ……)と思わされたのですが、こいつは最高。
posted by umimoto_hiroki at 17:09 | TrackBack(0) | 日記

池袋「シャンティ」のドネルケバブカレー。
グチャグチャに混ぜながらカッ込むのが美味。
この店は何料理屋なのかよくわからないですね。
posted by umimoto_hiroki at 17:09 | TrackBack(0) | 日記


らにょ先生、商品化させていただけないでしょうか。
上はわたし、下はDANGAN君の手によるコラ。
(まあ上のはなんかジーンズメイトで売ってそうなんで…… もしやるならちゃんとやらないとな)

ジーンズメイトといえば、最初のCRエヴァが流行った頃に置いてあったエヴァTは凄かった。
「暴走」とか「セカンドインパクト」とかMS明朝で書かれてた。
posted by umimoto_hiroki at 17:07 | TrackBack(0) | 日記
posted by umimoto_hiroki at 16:48 | TrackBack(0) | 日記